抜け道を探す人へ

葉山の抜け道ってよく言われる道がありますね。あそことあそことあそこと・・・。でもトータルでいうほど、ほんとに抜け道というほど早いのかな?と思います。そんな抜け道の話です。


良く言われるんですが、「葉山の抜け道おしえてくれよ」といわれます。でもね、そういう人に言いますけどそんな道ないですよ。いわゆる一般的にいう抜け道とは、国道の測道や枝道のことだと思います。でもこれは葉山だけでなく、おそらく大磯あたりから相模湾沿線の市町村はみなそうではないかと思うのですが、道が本当に狭いです。入り口は広くてもすぐきゅーと細くなってくるのですね。森戸界隈の古い住宅街、海のまわり、一色あたり、木古庭の奥など「ええ!ここ対向車あり?!」なんてことはしょっちゅうです。

我が家の前もそうした狭い道路です。ちょうど海側から134号線に抜ける道で、車に乗る人なら「ああ、あそこね」と判るでしょう(上の写真とは関係ないです)。それまではのんびりした道でしたけど、10年ぐらい前に抜け道マップに掲載されるようになってから土日の夕方は動けなくなるくらいの渋滞になってしまいました。最近では行政もここを海からのバイパスにしたいらしく、道を広げるように建築許可を調整しています。まあ、道ぎりぎりに建つ家も多く、あと20年はむりと思いますが。私もあの渋滞抜け道マップというのを購入して持っているんですが、まあ良く出来ていると思います。でもね、我が家の前を通っても早くならないっつうの。

まず、家の前は駐車禁止ではない道路です。これってすごく珍しいのではないかと思いますが田舎のですので駐車禁止ではないのです。なので、みんな平気で車を路上駐車します。4M道路で路上駐車するのですから、通行する車はここを避けて通ります。こんな道、走っても早いわけない。

そのうえに道は全体にわたって4Mではなく、途中で3Mぐらいまで細くなります。ここは現地ではすれ違いにははっきりしたオキテがあって、相互の車で停車して待つ役と進行する役が自然に決められています。安易に突っ込むとジモティによそ者として罵倒される恐ろしいところです。一番細くなるところは、長さにして20mなのですが、入り口と出口は一瞬の間合いで入りと出を確認します。そこへビジター(笑)が突っ込んでくる土日は渋滞するのは火を見るより明らかです。先日も途中にベンツが立ち往生していて、みなたっぷり30分は足止めを食らっていました。こする車も多いようですね。

そんなこんなでいくつかのトラップを過ぎてやっと134号にたどり着きますが、出口でも信号がなく、出口も混んでいるのでそこでもたっぷり時間がかかります。そして出てみれば、あれれさっき抜け道に入る前に入た車がはるか前方に・・・。
何かの本で読みましたが、「湘南はどんな抜け道を通っても早く目的地にたどり着かない」という言葉があります。ゆっくり134号線を抜けて御帰りください。

以上ご参考になれば!なにか情報がありましたら掲示板にお願いします。