アジのお話

葉山にいると一番よく食べる魚はアジでしょう。干物を含めると一年中食べる事になりますがこれからの季節、小さいものを含めておいしくいただけます。なによりも安いですし・・・。

○ジンダ
ジンダはアジの子供です。よく南蛮漬け(から揚げにしてねぎなどと酢に漬けたもの)などにして食べる事が多いと思いますが、葉山で出回るジンダは南蛮漬けで食べるものよりさらに小ぶりのものです。5-6cmの小さな魚で、魚体が小さいのですぐいたむらしく、あまり見かけません。でも漁港の近くの魚屋や、たまにスーパー(ローゼン、北辰)などでも見かけます。


ジンダは入手したその日のうちに粉を振ってそのまま素揚げにして塩して頭から食べます。ビールのつまみにこれほどよく合うものはないと思います。それから魚が嫌いなお子さんでも好きだと思います。なんといっても超偏食児童であるうちの息子も大好物ではじから食べてしまいます。くれぐれも酒の肴が全部なくならないようにお気を付けください。

○アジのなめろう
生で食べられるアジが手に入れば(いつでも入るって?)たたきにするとおいしいですね。でもたたきの時にすこし味噌を混ぜる事で、なめろうというまたちがった料理になります。なめろうは漁師料理らしくものの本によるとあまりにおいしくて皿をなめるように食べるようになるから、なめろうと言うようです。ちなみに、漁師さんは魚をなんでもなめろうにするとか。でも本当にビールの肴には最高です。(しつこい)


このなめろうを皿に塗って、火ですこしあぶると、さんが焼きという料理になるそうですが、うちはいつもなめろうの段階で全部食べてしまいますので経験はありません。

以上ご参考になれば!なにか情報がありましたら掲示板にお願いします。

(Special Thanks to ごうちゃん)