おいしいお魚の呪文は〜アラ、カマ、ハラス

お魚がおいしいシーズンになってきました。子供の頃は魚なんか見向きをしなかったけど、最近やけにおいしく感じられる・・・。そんな「中年」が入ってきたあなたにおいしい魚の食べ方の話です。今回は魚のはじっこのお話を。次回は(おいしいアジがはいったらですけど)なめろうやジンダの話を書こうと思います。

スーパーなどでは大きな魚は切り身を売っていますが、切り身もいいけどもっとおいしいところがあります。普通これらは魚売場のすみに犬のえさとしてパックでこっそり売っています。でもどこでもこの部分がおいしいことはみんなわかっているので葉山のスーパーあたりではけっこうすばやくなくなったりします。

アラは魚の頭、骨、ひれなどをブツ切りにしたものですが、大きな魚(サケ、ブリなど)だとかなり身がついています。肉もそうですが魚も骨に近い部分の身が一番おいしく食べる事ができます。
そのままオーブンで焼いたり、吸い物スープの具としておいしく食べる事ができます。これは大型の魚だけでなくて、アジのたたきの残りの頭や骨でも同じ事です石狩鍋なんかであらは使いますけどただ塩して焼いた方がおいしいです。

カマは魚のエラの手前の骨と身です。ちょうど肉でいうとスペアリブのように骨にそって身がついています。普通、ブリダイコンなどと称して煮付けたりしますが、ここも、塩、または醤油でこんがりとオーブンで焼きます。マグロやブリなどの大型の魚のものだとかなり食べでがあっておいしいです。レモンなんかしぼると最高。

ハラスはたぶん砂ずりと呼ばれる部分とおもいます。鮭の胸ひれの周辺のひものような部分です。ここは鮭でもっとも脂が乗っていて焼いていて火がつくほどです。これは塩をしてオーブンにいれて軽く焼きます。
レモンで食べるとさっぱりしておいしいです。ただ脂がつよいのですぐいたむようです。

最初に書きましたが、店で魚をさばくスーパーなどでは必ずこの部分がでます。置かれる場所は決まっているので年配の方を中心にさっとなくなりますので、入手はおはやめにあらためて書くと、塩焼きにせよ!としか料理法がないようであまり参考にならないかもしれません。でも一番おいしいのは・・・塩焼きなんだよな。

以上ご参考になれば!なにか情報がありましたら掲示板にお願いします。